English | 日本語


View large image
「ヨーゼフ・アントニオ・ロッカ」(1807〜1865)は、1800年代のストラディバリウスとも呼ばれ、イタリアのトリノを代表するヴァイオリンメーカーの一人です。
トリノは、J・B・ガダニーニ(1683〜1770)が、イタリア北部を放浪した旅の末、コジオ卿の招きを受けて身を落ち着かせた都市でもあり、その後、ガダニーニファミリーによってヴァイオリン製作の中心地となりました。当時のトリノでは、クレモナ出身のロレンツォ・ストリオーニ(1751〜1802)が活躍していましたが、彼のもとで修業していたジョバンニ・フランチェスコ・プレッセンダ(1777〜1854)が、1820年にトリノで独立し、フランスに近い立地条件から、フランスのヴァイオリン製作の影響を受けた楽器を製作しています。この時代の製作者は、初期のオールドヴァイオリンメーカー達のようにそれぞれ独自のパターンで楽器を作るのではなく、先の巨匠達の楽器を研究し、そのコピーを作りました。しかしそれは単なる模倣ではなく、独自の音に対する探究の結果、どれもオリジナリティーに富んだすばらしい作品となっています。現在でも、彼らが製作した楽器は多くの演奏家に愛用されています。

ヨーゼフ・アントニオ・ロッカは、トリノに近いバルバレスコで生まれました。父親のジョバンニ・ドミニコ・ロッカもヴァイオリンメーカーで、主にガルネリタイプの楽器を製作しました。のちに彼はその才能をプレッセンダに高く評価され、その工房で何年か働きました。彼はとても勤勉で、特にアントニオ・ストラディバリの作品を熱心に研究し、優れたストラドモデルを用いて作品を製作しました。特に、ストラディバリウスの黄金期の代表作、「メシア」(1716年作)を手本にすることで、彼の技術は飛躍的に向上したといわれています。
彼の楽器製作の絶頂期は、1835年から1855年(28才から48才)にかけてであり、この “ex Taro” も、まさに彼の絶頂期における代表作の一つです。作品の特徴としては、ストラディバリウスの作品よりも隆起が低くなっています。これは、当時の演奏形態が室内楽中心からコンサートホールでの演奏に移り変わり、音量が求められるようになったことを背景とする工夫の結果であり、このことからも、彼が単にストラディバリウスの作品をコピーしたわけではないことが窺われます。
また、彼の、ストラディバリウスを忠実に再現しつつも音へのこだわりを同時に実現したオリジナリティー溢れる作品は、製作者としての彼の非凡さを感じさせるものです。

この楽器 “ex Taro” は、葉加瀬太郎さんが長年に渡り、メイン楽器として使用してきました。その間、殆どのCDアルバムのレコーディングに、この “ex Taro” を使用しています。また、「情熱大陸」をはじめとする数多くのコンサートや、全国38公演を行った「葉加瀬太郎 コンサートツアー 2012 WITH ONE WISH」でも使用しております。このヴァイオリンのご購入に関するお問い合わせは こちらから お願いいたします。












葉加瀬 太郎  ヴァイオリニスト

1990年、KRYZLER & KOMPANY のヴァイオリニストとしてデビュー。
2002年、自身が音楽総監督を務める「アーティスト自身が自由に創作できるレーベル」“HATS”を設立。“HATS”創立以来、初のベストアルバム「THE BEST OF TARO HAKASE」が日本ゴールドディスク大賞受賞。
2012年、全国ツアー「WITH ONE WISH」と同名のオリジナルアルバムを2012年11月7日にリリース。
2013年は春の“Classic TheatreV”、クラシックツアー、夏の情熱大陸、秋のエンタテインメントツアー、留まることなく活動の場を広げる。

HATS オフィシャルサイト    ≫ http://hats.jp/












以前の NEWS




Sesto Rocchi

Riccardo and Romeo Antoniazzi

Giuseppe Guarneri “Del Gesu”

Giuseppe Fiorini

2016 Exhibition Tokyo

Ansaldo Poggi

Marino and Mario Capicchioni

2015 Exhibition Tokyo #2

Giovanni Francesco Pressenda “ex Fumiaki”

Jean Baptiste Vuillaume

2015 Exhibition Tokyo

Hannibal Fagnola

Giovanni Battista Guadagnini

Joseph Alfred Lamy  “ex Geloso”

Eugene Nicolas Sartory  “ex Capet”

PRESSENDA, Giovanni Francesco

TOURTE, Francois Xavier  “ex Sartory”

SARTORY, Eugene Nicolas  “ex Masafumi”

Giuseppe Antonio Rocca  “ex Sigerman”

Giuseppe Guarneri `Del Gesu`  “ex Midori”

Joseph Alfred Lamy  “ex Kreisler”

Marino Capicchioni  浦川 宜也

Pierre Simon  “ex Milanollo”

Giuseppe Antonio Rocca  葉加瀬太郎